晩秋の黒岩虚空蔵尊

久しぶりに、黒岩の虚空蔵さまへ行ってきました。

先週くらいまでがピークだったのでしょう、落ち葉の片付け作業をされている方々がいらっしゃいました。

午前中のさわやかな太陽の光を受けて阿武隈川が輝き、阿武隈川の輝きを背景にして、もみじが輝いていました。

 

境内には、とても人懐こい猫さんがいて、わたしの相手をしてくれました。笑
日向でごろごろ中。。

 

動くものは撮るのが難しい。。ピントが合いません^^

 

わたしがしゃがむと、膝に飛び乗ってくるほどの猫さんでした。
かわいい!笑

 

紅葉の下に佇む羅漢さま。

 

紅葉しきったもみじ。

 

阿武隈川に面して色づいたもみじ。。もみじも綺麗ですが、わたしは阿武隈川の色がとても好き。

 

ステンドグラスのような林。

 

お堂を彩る木々。

 

以前、新緑の季節に訪れたことがありましたが、また久しぶりに行ってみようかな。。

 

晩秋の黒岩虚空蔵尊” への2件のフィードバック

  1. 香さん、こんばんわ。

    大変ご無沙汰しておりますが、お変わりはないでしょうか。
    黒岩虚空蔵尊、とても美しいです。
    おっしゃる通りこれはステンドグラスそのものですよ。

    土湯はわたしの大好きなところです。
    光輝いた香さんのお写真を拝見してわたしもちよっぴり元気をいただけそうです。
    広角レンズによる見上げ構図、とても明るい雰囲気で癒されます。

    仁田沼は猪で荒らされてしまったのですか。
    来年の水芭蕉が心配です。

    どこまでも真っ赤に染まった紅葉から、恥ずかしそうに女沼がちょっとお顔を出しているお写真素敵ですね♪
    透き通るようなお空には、妖精さんが雲に形を変えて、最高の秋を楽しんでいるのでしょうか。

    もう少しで12月ですね。
    どうぞ、香さんもお体には気をつけてください。

  2. kikiさん おはようございます。

    こちらこそ、ご無沙汰しております^^
    お元気そうで安心いたしました。

    黒岩の虚空蔵さまの紅葉は、ほんとうにうっとりしました。
    やはり阿武隈川の恵みでしょうか。

    秋の土湯は、今年の代表的な思い出になりそうです。
    森の中は黄金に輝き、男沼女沼は目の覚めるような青、夢の世界でした^^
    仁田沼は、残念ながら水芭蕉の株がダメになり、今年はほとんど咲かなかったそうです。。
    来年以降も難しいかもしれませんね。。

    女沼は、ほんと今まで見たことのない青さで、まわりの紅葉が華やかさを添えてくれました。
    妖精さんたちも、もしかしたら女沼に遊びに来ていたのかもしれませんね^^

    もうすぐ12月だというのに、昨日はあたたかく過ごしやすかったものの、、11月末らしくない気温で困惑しますね。
    寒すぎるのも困りますが、季節にあった気温がいいな。。
    kikiさんも12月お忙しいかとは思いますが無事に乗り切れますように^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。